多摩豪

第二話 椿ヶ丘団地管理人の『サービス』 無料 試し読み

無料試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<
 

前回の第一話では、

管理人としての仕事を教えてもらっていた美智子。

 

そんな中、

住人のおじさんにチケットを渡された管理人さんは

2人で裏庭に消えてしまった。

 

裏庭では何が行われているのか・・・

まだ第一話を読んでいない方は
こちらからどうぞ

椿ヶ丘団地の管理人
第一話 リストラされたシングルマザーの私は… 無料 試し読み団地で行われている不思議なルール。謎のチケットを渡して管理人さんと消えていく住人。住人専用のサービスとは!?...

無料試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<

第二話 椿ヶ丘団地管理人の『サービス』 ネタバレ

裏庭を覗いた美智子は

異様な光景を目の当たりにした。

 

管理人さんとおじさんが

団地の裏庭でセックスしているのだ。

 

美智子はそういう関係だったのかとびっくりしていた。

 

見てはいけないとわかってはいたが、

その光景から目を離せない。

 

壁に手をつき、

後ろからハメられている管理人さん。

 

普段は優しい感じの

どこにでもいる普通の主婦なのに

目の前にいる管理人さんは別人のように

セックスに明け暮れていた。

 

普段は誰も来ない団地の裏だけど、

誰も来ないという保証はない。

 

そんなところでセックスをするなんて・・・

 

見ている美智子が不安になる中、

管理人さんたちのセックスは盛り上がっていた。

 

団地の壁に反響する、

肉と肉がぶつかり合う音。

 

パンパンと響き渡っている。

 

誰か来てしまわないか不安になっているせいなのか、

美智子の手はぐっしょり汗をかいていた。

 

最後は管理人さんの中に出し、

満足そうな顔をしている。

 

管理人さんの股からは白い液体がドロリと流れ落ちる。

 

全てが終わり、

団地の裏庭から出てきた管理人さんに

出くわしてしまった美智子。

 

美智子は言い訳を言おうとあたふたしていたが、

『あの人、外でやるのが好きなのよ。』

と管理人さん。

 

『ああいうのは、外ではやらない方が・・・』

 

『そうよね。

でもこれも仕事だからね。』

 

美智子はその言葉に驚いた。

 

『この団地は住民への性サービスがあるのよ。』

無料試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<

第二話 椿ヶ丘団地管理人の『サービス』 感想

ついにこの椿ヶ丘団地の秘密が明らかになりましたね。

 

こんな共益費ヤバいですよね。

私もこの団地に引っ越したくなってきちゃいますw

 

それにしても

管理人さんはセックスに

関心ありませんって感じの顔してるんですけど、

がっつりビッチでしたw

 

美智子さんも最後までしっかり覗いてましたね。

たぶん旦那さんと別れてから

セックスしてないんでしょう。

 

疼いちゃったかな?w

無料試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<