多摩豪

第一話 リストラされたシングルマザーの私は… 無料 試し読み

無料試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<
 

『椿ヶ丘団地の管理人』は

BookLive!コミックで

無料で試し読みができます!

 

興味がある人はぜひお試しください。

➡詳しい方法はこちらをクリック!

 

この記事は

『椿ヶ丘団地の管理人 第一話』の

  • ネタバレ
  • 感想

これらを書いてあるので

気になる方は読んでくださいね。

無料で試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<
 

第一話 リストラされたシングルマザーの私は… ネタバレ

木瀬美智子33歳

突然、派遣の契約を打ち切られて

無職になってしまった。

 

離婚して娘と2人で暮らしている美智子は

次の仕事を探すも、なかなか見つからない。

 

シングルマザーで30歳超えは

必要とされないみたいだ。

 

なんとか貯金を切り崩しやってきたが、

このままでは娘を高校へ行かすこともできない。

 

何かパートでもやって食いつながないと・・・

 

そんなことを考えていると

家のチャイムが鳴り玄関先に管理人さんがいた。

 

そういえば家賃も払えてなかったので、

そのことできたのだろう。

 

『ごめんなさい!

もうしばらく待ってもらえませんか!?』

 

深く頭を下げる美智子に管理人さんは

 

『違うのよ。

それはまた今度でいいから。』

 

『今日は違う話があってきたの。』

 

不思議に思いつつも、

管理人さんを家の中に通した。

 

『いきなりごめんね。

話っていうのはね・・・』

 

管理人さんは美智子に話した内容は、

管理人業をやらないかということだ。

 

仕事もないのに管理人として

時間を取られてしまったら

ますますお金がなくなってしまう。

 

そう思った美智子はこの話を断ろうとした。

 

『それにね、管理人ってお給料も出るのよ。

だから、ぴったりじゃないかなって思って。』

 

その言葉を聞いて、

美智子は興味を持ちだした。

 

仕事が見つからない状況で

管理人として働けば給料が貰えるなら

最高の環境だと思ったからだ。

 

次の日には管理人業とは

どういうものか

一緒に働いてみることになった。

 

団地の廊下を掃除したり、

庭の花壇の手入れをしたり、

美智子にできる簡単な作業だった。

 

その仕事内容を気に入った美智子は

本格的に管理人として働こうと思っていた。

 

『仕事はこんな感じよ。

あとは事務作業くらいかしらね。』

 

『これなら私にもできそうです。』

 

そんな話をしていたら、

この団地の住人の男の人が

チケットを管理人さんに私にやってきた。

 

そのチケットを見た管理人さんは

2人で裏庭に消えていったのだった・・・

無料で試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式公式サイトへ<<
 

第一話 リストラされたシングルマザーの私は… 感想

中学生の娘がいるような

シングルマザーには全然見えませんよ。

 

美智子さんめちゃくちゃ綺麗です。

 

第一話では、

エッチな展開にはなりませんでしたが、

最後がすごい気になりますよね。

 

突然現れたおじさんと

管理人さんが裏庭に消えていった。

 

あの2人は何をやっているのか!?

あのチケットは何をするのか!?

 

続きが気になります!

無料で試し読みは公式サイトへ

>>画像クリックで公式サイトへ<<